もっと、たのしmotto!
読者さんの生活がもっと楽しく、そして良くなるための情報満載の雑記ブログです!
ガジェット、アプリ

📱【位置情報が共有できるアプリZenly(ゼンリー)】友達や家族の居場所確認が簡単にできる

この記事を読むのに約 6 分かかります。

【位置情報が共有できるアプリZenly(ゼンリー)】友達や家族の居場所確認が簡単にできる

大切な家族や友達がいる場所がわかるアプリ「Zenly(ゼンリー)」

遊園地やショッピングモールなどの待ち合わせ、団体旅行時の自由行動に・・・

遠く離れた家族が元気にしているか・・・

使いみちはいっぱいありますね。

登録している友達がスマホをなくしてしまったとき、どこでなくなったのかを把握することもできます。

アプリ「Zenly」を使うと花火大会、お祭り会場でも友達や家族がどこにいるのかすぐにわかって便利ですよ

アプリ「Zenly」を使うと花火大会、お祭り会場でも友達や家族がどこにいるのかすぐにわかって便利ですよ

知り合いの位置情報が簡単に共有できるアプリ「Zenly」は便利な使い方がいろいろ考えられますね。

旅行先や詳しくない場所での待ち合わせに使うと便利ですよね。

例えば、新宿駅・・・

新宿といってもかなり広いですよね。

東口の◯◯◯の前にいるよーっていっても、詳しくない人には自分の居場所を説明することもできません。

そんなとき、「Zenly」を使うと地図上に現在いる位置が表示されます。

※地下や電波の届きにくい場所では、位置があいまいになったり、測定できないことがあります

広い場所で混雑しているような場面では、特に重宝します。

  • 年末年始の初詣
  • 海水浴
  • 花火大会
  • 遊園地
  • テーマパーク
  • フェスなど大きなイベントに

例えば、花火大会が終わって、友達がもう帰ってしまったのか・・・とか。

そんなこともなんとなく把握できますよね。

「Zenly」は大地震など災害時の安否確認にも役立ちます。大体の居場所が確認できます

大きな災害があり、電話が制限されている場合、「Zenly」があると安否の確認もできます。

「Zenly」で見ると災害後の動きがわかります。

避難所にいるのか、会社や学校からどこに向かっているのか・・・など

安否の目安にすることもできそうです。

「Zenly」を使うとスマホをなくしてしまったとき、どこでなくしたのかの目安にもなります

「Zenly」を使うとスマホをなくしてしまったとき、どこでなくしたのかの目安にもなります

「Zenly」に登録しておくと、スマホをなくしてしまったときに、友達のスマホから探してもらうことも可能です。

iCloudを使った「iPhoneを探す」機能を使うような感じですね。

「iPhoneを探す」機能、友達の端末から使うのは面倒で嫌がられそうですが、いつも「Zenly」を使っていれば簡単に探せますよね。

Zenlyの使い方は簡単

まず、「Zenly」をインストールしましょう。

Zenly ゼンリー : 大切な友達と位置情報をシェア

Zenly ゼンリー : 大切な友達と位置情報をシェア

Zenly無料posted withアプリーチ

インストール後、

名前(本名でなくてもOK)

生年月日(西暦で)

携帯電話の番号

を入力します。

入力した携帯電話番号宛に、SMSで4ケタのコードが届くので入力。

自分の現在地を知らせるため、位置情報を「常に許可」します。

これで、ご自身の設定は完了です。

 

あとは、友達や家族を登録しましょう。

連絡先やZenly ID、電話番号などを使って登録することができます。

※登録したい友達や家族もZenlyをインストールして設定している必要があります。

Zenlyに友達や家族を登録しましょう

Zenlyのマークについて解説!アイスマークって何?

Zenlyに登場するマーク(アイコン)にはそれぞれ意味があります。

よく登場するマークについて解説します。

炎アイコン

友人が集まっている状態

家アイコン

自宅にいる状態

帽子アイコン

帽子は学校にいる状態

パソコンアイコン

会社にいる状態

友達のアイコンの周りがキラキラ光っているのは?

友達がZenlyアプリを開いていると、その友達のアイコンがキラキラ光ります。

通信状況が悪く位置情報を取得しずらいときは水色のアイコンが出ます

通信状況が悪く位置情報を取得しずらいときは水色のアイコンが出ます

地下やトンネルなど電波や通信が悪い状況にある人はこのような水色のアイコンがでます。

「Zenly」の使用時、多くのバッテリーを消費しますので注意しましょう

「Zenly」の使用時、常に位置情報を取得しています。

長時間、充電のできない場所にいるときなどは、使いすぎに注意しましょう。

居場所を知られたくない場合は、ゴーストモードを使おう

Zenlyは居場所を共有できる便利なアプリですが、ときには知られたくないこともあるでしょう。

そんなときには、ゴーストモードを使いましょう。

完全に知らせない、大体の場所しか知らせない(あいまいな場所に)など、様々な設定ができます。

※ゴーストモードを設定するときは、インターネットに接続している状態で行いましょう。接続していない状態で行うと設定が完了できません

位置情報を共有することに疲れたら、アプリごと消してしまいましょう

位置情報を共有するのは便利ですが、常に監視されているようで疲れてしまうかもしれません。

そんなときは、思い切って、「Zenly」をアプリごと消してしまいましょう。

30日以内なら、設定がのこっていますので、一度消しても復活することもできますよ。

友人だった人がストーカ化して困ってしまうこともありえますので、何かあったら早めに消してしまうのが一番です。