もっと、たのしmotto!
読者さんの生活がもっと楽しく、そして良くなるための情報満載の雑記ブログです!
ガジェット、アプリ

Osmo Pocketでの撮影、青空などの白飛び防止にはフィルターを使おう

この記事を読むのに約 2 分かかります。

Osmo Pocketでの撮影、青空などの白飛び防止にはフィルターを使おう

「DJI Osmo Pocket」はジンバル搭載のカメラで、どこにでも持ち歩いて気軽に撮影のできるのが、最高ですよね。

そんなOsmo Pocketにも気になることが、2つありました。

1つ目はレンズの画角が80度で狭いこと。

2つ目はレンズがF2.0で、昼間の屋外など明るいところでは白飛びしやすいことです。

画角については、今後広角レンズが出そうな気がしていますが、現状では発売されていないようです。

今回は2つ目の白飛びについて、アマゾンでレンズフィルターを見つけましたので、紹介します。

Osmo Pocket用のレンズフィルターを使って青空などのハイライトの白飛びを抑えよう

Osmo Pocketの標準のレンズは夜間撮影時は比較的明るく撮れるのですが、青空が白飛びしやすい傾向にあります。

白飛びを抑え、引き締まった映像にするために、レンズの上にかぶせるフィルターを紹介します。

サードパーティ製のレンズフィルターですが、Osmo Pocket用に作られているので安心して使うことができます。

製品発表会のとき、純正のフィルターが用意されているような話しがあったので、今後発売されそうですが、待ちきれない方はお試しください。