もっと、たのしmotto!
読者さんの生活がもっと楽しく、そして良くなるための情報満載の雑記ブログです!
マインドセット

自分自身に自信を持とう!毎日をいきいきと過ごすために〜自信のつけ方4選

この記事を読むのに約 4 分かかります。

アイキャッチ 自信の付け方

こんにちは、かわぽん(@kawa_pon_)です。

突然ですが、何かをはじめるとき「自分にはできないんじゃないか・・・」と考えてしまうことはありませんか?

自分に自信がないと物事に対して消極的になりますよね。

今回、ボクがブログや本を読んで学んだ自信のつけ方について、紹介します。

成功体験を積み重ねて、自信をつけよう!

成功といっても、大きな成功ではなく、

日常的な小さな成功体験です。

子どものころでいうと、スーパーにおつかいに行って母親に頼まれたとおりに買い物ができた・・・とか

デザイナーのボクなら、納期を守り注文どおりのチラシを納品し、クライアントに喜ばれた・・・とかですね。

こういう日常的な成功体験で人は成長し、

くりかえすことで、自信がついてきます。

筋トレをして、自信をつけよう!

筋トレを続けてある程度、成果がでてくると間違いなく自信がつきます。

これはボク自身も実感しています。

筋トレは、小さな成功体験の積み重ねなんですよね。

1カ月前50kg☓10回上げるのが限界だったのに、今60kg☓10回上げることができるようになった。

みたいなことの繰り返しなんですよ。

目標を設定してそれを乗り越えていくことで、自信になります。

また、身体が強くなることで、見た目に威圧感がでてきて、周囲から一目置かれるようになります。

といっても、ケンカに強くなるってことではなく、

頼りがいのある人に思われるってことです!

人は頼りにされると、期待に応えようとがんばれますし、

それがある意味、他人に認められたことになりますよね。

だから、自信につながるんです。

姿勢を良くしよう!

人は見た目が9割・・・

いや、最近は人は見た目が100%っていいますよね。

猫背の人はそれだけで、見た目の印象が悪くなり、自信がないように思われます。

逆に姿勢が良ければ、自分自身も“やるぞっー”って気持ちになりますし、

周囲の人にも好印象になります。

猫背の人は、背筋を伸ばして姿勢を良くしている状態をキープすることが、辛いかと思いますが、

身体の裏側を中心に筋トレし、鍛えることで自然と姿勢が良くなってきますよ。

具体的には、広背筋・脊柱起立筋群などを鍛えると

効果的ですね。

大きな声でしゃべるようにしよう!

声には、顔のように表情があります。

どういうことかというと、

声の大きさ、声のトーンで、その人の状態がわかるんです。

他人から嫌われたら、どうしよう。。。

みんなの意見と自分だけ違っていて、変なやつだと思われたら、どうしよう。。。

と、考えてしまうと小声になったり、

声のトーンが低くなったりしますよね。

それが自信のない状態ってやつです。

だから、逆に大きな声でしゃべるようにするんです!

(叫べってことじゃないですよw)

そうすることで、まわりの人に自信があるように思われます。

それを繰り返すことで、本当に自信がついてきます。