もっと、たのしmotto!
読者さんの生活がもっと楽しく、そして良くなるための情報満載の雑記ブログです!
お得情報、おすすめ

【iPad/簡単にスクショ】ボタン一つで画像保存しメモを取る方法

この記事を読むのに約 4 分かかります。

iPadで簡単にスクリーンショット!ボタン一つで画面を画像保存

iPadのスクリーンショットの撮り方

iPadに表示された画面を保存するスクリーンショットは、「電源ボタン」+「ホームボタン」を同時に押すと撮ることができます。

iPadスクリーンショットの撮り方

撮ったスクリーンショットは、「写真アプリ」の中の“スクリーンショット”や“すべての写真”の中に保存されています。

撮ったスクリーンショットは写真アプリに保存されます

写真アプリ

iPadでスクショをワンタッチで簡単に撮るには、アシスティブタッチを設定しよう

一般的なスクリーンショットの撮り方は、先程のとおりですが、同時に2つのボタンを押すのが面倒だったり、慣れてないとどちらかを先に押したりして失敗しますよね。

実は、もっと簡単にスクリーンショットを撮る方法があるんです。

アシスティブタッチ(Assistive Touch)というiPadの画面上に現れるボタンを使う方法です。

はじめに設定が必要ですが、その後は簡単にスクリーンショットを撮ることができます。

iPadのスクリーンショットに使うと便利なAssistiveTouchボタン

iPadでスクリーンショットを簡単に撮るためのアシスティブタッチ(Assistive Touch)の設定方法

【設定アプリ】→【一般】→【アクセシビリティ】→【AssistiveTouch】と進み、【AssistiveTouch】をオンにしてください。

オンにした後、「最上位メニューをカスタマイズ…」をタップ。

AssistiveTouch、最上位メニューをカスタマイズ

右側にある「+」ボタンを押して、

AssistiveTouchボタンに機能を追加していきます。

追加できる機能はたくさんありますが、

今回は「スクリーンショット」を選びます。

これで、AssistiveTouchボタンにスクリーンショットの機能が追加されました。

さらに便利に使うために、AssistiveTouchボタンを押し方によって、

動作をかえてみると使いやすいですよ。

iPadのAssistiveTouchボタンの動作をタップの仕方で使い分ける方法

先程の設定で、AssistiveTouchボタンに“スクリーンショット”の機能は追加されましたが、ボタンを押し方によって動作の方法を変えることができるので、その方法を紹介します。

Assistive Touchボタン、タップの仕方で動作を変える方法

【設定アプリ】→【一般】→【アクセシビリティ】→【AssistiveTouch】と進み、【カスアムアクション】のところで、ボタンの押し方によって動作を変えてみましょう。

“シングルタップ”がボタンを1回押したとき、

“ダブルタップ”がボタンを2回連続で押したとき、

“長押し”がボタンを長く押したときに動作する機能になります。

ボクの場合は、長押ししたときに“スクリーンショット”になるように設定しています。

スクリーンショットはメモ代わりに保存できて見直すこともできるので積極的に使おう

スクリーンショットは手軽に撮れるので、気になる情報などをスクラップするような感じで、使ってみてはいかがでしょうか。

地図をスクリーンショットしてメモ書きしたり、ゲームの高得点を友達に自慢したいとき・・・などなど、使いみちはいろいろありますよね。

ちなみにこの記事は、何回もスクリーンショットを撮って、ここまで書きました(笑)。

Apple(アップル)
¥11,123
(2018/11/18 00:09:48時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい
Macで画面キャプチャーする方法
MACでスクリーンショットを撮る方法、3選 【1】表示している画面全体のスクリーンショットを撮る方法 「command (⌘) + 3」を同時に押し...