もっと、たのしmotto!
読者さんの生活がもっと楽しく、そして良くなるための情報満載の雑記ブログです!
マインドセット

【お金の使い方をマネしよう】仕事ができる人は浪費、投資、消費の本質がわかっている!

この記事を読むのに約 9 分かかります。

【お金の使い方をマネしよう】仕事ができる人は浪費、投資、消費の本質がわかっている!

仕事ができる人は惜しまず自己投資、できない人は浪費する

仕事ができる人は惜しまず自己投資、できない人は浪費する

仕事ができる人は、積極的に自己投資をします。

言語学習や資格取得だけでなく、健康的に日常生活を営むためのスポーツクラブ通い、栄養バランスを考慮した食事への出費を惜しみません。

一方で仕事ができない人は、自己投資はほとんどしません。

資格取得や一時的なダイエットに挑戦することはありますが、健康に対する投資には興味がないのです。

仕事ができる人が、健康や食事に気を使うのにはわけがあります。

何をするにしても、自分の体が資本になることを知っているのです。

いくら仕事を早くこなせても、体調が悪い日がちょくちょくあると仕事を休みがちになり、信頼を失うことになります。

だから、できる人はお金をかけてまで、体を鍛えて健康管理をおこなっているのです。

一方で、仕事ができない人は「体が資本」「健康第一」とはわかっているものの、行動することができません。

言い訳を探して行動せずに、一時的な「楽しいこと」にだけお金を使います。

楽しいことにお金を使うのは、ストレス発散になるのは確かで、重要なことではあります。

ただ、ストレス発散ばかりでは対処療法でしかなく、一時的な解決にしかなっていません。

根本的な解決には、自己投資が必要です。

ストレス発散に多くのお金を使うのはやめて、少しずつでも自己投資にあててみてください。

健康管理にお金を使ったり、将来の自分に役立つような本を読むなどできることから実践してみましょう。

お金かけずにできることはありますが、少し高いかなぁと思うくらいの金額をかけることをおすすめします。

高めのお金をかけると、元を取ろうとモチベーションが上がります。

例えば、スポーツクラブ通いなら面倒でもサボらなくなりますよ。

継続すればするほど、お金をかけなかった人たちとの差がつき、5年や10年もすれば周りから一目置かれるようになるでしょう。

仕事ができる人は、目的を持って最新のパソコンに買い替え、できない人はやせ我慢して使い続ける

仕事ができる人は、目的を持って最新のパソコンに買い替え、できない人はやせ我慢して使い続ける

仕事ができる人は、最新のパソコンを持っています。

パソコンやスマートフォンなどは購入から3年あたりで動作が遅くなったり、最新のソフトが使えなくなったりします。

現在では、パソコンやスマートフォンは大切なツールのひとつです。

パソコンのスペック(処理速度)は、仕事のスピードに直結します。

だから、仕事ができる人は、最新のパソコンは購入します。

最新のパソコンを購入すると、物理的に仕事のスピードがあがるのはもちろんですが、それ以上に仕事に対する「モチベーション」や「やる気」を引き出してくれます。

物理的にも心理的にもスピードを上げるために、最新のパソコンを持ち続けるのです。

一方で、仕事ができない人は、パソコンは3年以上使い続けることがほとんどです。

多少動きが鈍くなったり不具合が出たりしても、だましだまし使っているのです。

モノを大事に使うのは大切なことですが、仕事の効率が悪くなるようでは本末転倒ですよね。

パソコン作業中にトラブルが頻繁するようになると仕事が思うように進まなくなり、同時にモチベーションも下がります。

現在では中古のパソコンショップもいろいろなところにありますので、古いパソコンは早めに見切りをつけ、新しいパソコンで心機一転することをおすすめします。

「人は見た目が9割」という本がありましたが、最新のパソコンで作業しているだけで、「あの人はできる人だ」と勝手にまわりの評価が上がったりします。

まわりからの評価があがれば、活躍する場も増えますから、見た目だけでなく、実力で評価されるようにもなりますよ。

仕事ができる人は「生きたお金の使い方」をして、できない人は無駄にケチる、悪い節約志向

仕事ができる人は「生きたお金の使い方」をして、できない人は無駄にケチる、悪い節約志向

仕事ができる人は「生きたお金の使い方」をします。

長い目で見てプラスになるのであれば、お金を使うことを惜しみません。

仕事ができる人がクルマを買うとき、考えるのは車両価格ではなく購入後のカーライフです。

ドライブが好きな人であれば、乗っていて気持ち良いクルマを購入します。

好きなもの使っているだけで、テンションがあがり、気持ちよくすごせるからです。

一方で、仕事ができない人は使う人の気持よりも、目先の利益を追求します。

クルマであれば、動けばいいだろうと、数万キロ走った安い中古車を選びます。

そのようなことでは、日々の暮らしにハリがなくなり、仕事にも影響が出てきます。

先程、ストレス発散ばかりではいけないというお話をしたばかりではありますが、「ここはこだわりたいな」と思うところにはお金を使うべきなんです。

低価格のクルマを金額だけで選ぶと、テンションが下がるだけではなく、日々のメンテナンスや車検にもお金がかかってきます。

だから、仕事ができる人は、長期的に購入後のカーライフまで含めて考え、お金を使うのです。

将来に与える影響について考えてから、支払うようにすることが生きたお金の使い方になりますよ。

仕事ができる人はアプリなどツールにお金をかけ、できない人は無料にこだわる

仕事ができる人はアプリなどツールにお金をかけ、できない人は無料にこだわる

現在は、ほとんどのパソコンやスマホのアプリは無料で入手できます。

有料アプリや課金をしなくても十分に生活を送ることができるでしょう。

しかし、無料のアプリはあくまでも体験版で広告が表示されていたり、肝心な機能を使うことができなかったり、と何かしらの不便があります。

暇つぶしに使うゲームなどでは無料でも構いませんが、仕事に使うアプリに不便があってはいけません。

仕事のできる人は、無料ではなく費用が発生しても必要経費と考えます。

効率よく作業できれば、無駄使いではないのです。

少しでも早く作業を終わらせる・・・

そして気持ち良く作業ができることが何より重要なのです。

例えば、フリーランスの人なら早く仕事を終わらすことができれば、別の仕事に着手することができますし、空いた時間でスポーツクラブに行くなど自己投資することができます。

一方で、仕事ができない人は、仕事の速度や効率の良さよりも無料であることを優先します。

その選択が、作業効率を落としていることには全く気づきません。

5分や10分の短縮も積み重ねでアッと言う間に数時間になります。

数年たてば、埋められないほどの差になっているというわけです。

遊びはともかく、仕事で使うアプリやよく使用するツールは、無料にこだわらず使いやすさで選びましょう。

例えばスマートフォンのアプリなら数百円払うか払わないかだったりしますよね。

このようなことで時間を浪費するのはもったいないことです。

さっさとお金を払って、自分の時間を捻出していきましょう。

まとめ|仕事ができる人は、長期的な視点でお金で時間を買う

  • 仕事ができる人は、体のことを思い健康維持にお金をかける
  • 仕事ができる人は、最新パソコンを使う
  • 仕事ができる人は、長期的視点でお金を使う
  • 仕事ができる人は、作業効率優先でツールを選び、できない人は無料のものや値段で選ぶ

仕事ができる人は目先のお金ではなく、長期的な視点で自己投資し作業効率などを考慮のうえ、お金を使います。

目先の小さなお金を節約することがかえって、時間を無駄に使うことがわかっているのです。

生きたお金の使い方を、いま一度考えてみてはいかがでしょうか。