もっと、たのしmotto!
読者さんの生活がもっと楽しく、そして良くなるための情報満載の雑記ブログです!
ガジェット、アプリ

💻【ios12+MacOS Mojave】Handoffが使えない時の対処法

この記事を読むのに約 6 分かかります。

【ios12+MacOS Mojave】Handoffが使えない時の対処法

HandoffはAppleの製品のOSについている機能で、使用中のデバイスのアプリを、他のデバイスでそのまま表示できるものです。

Handoffを直訳すると手渡す・・・、まさに作業中の状態を手渡すような機能です。

例えば、MacのSafariで、とある企業のホームページを見ていたとき、外出しなければならなくなり、続きをiPhoneで見たいときってありますよね。

そんなとき、Macで開いた状態でiPhoneのホーム画面を見ると、DockにあるSafariのアイコンに小さなパソコンのモニターのようなマークが現れます。

このアイコンをタップするとMacで表示していた、ホームページを同じように表示させることができるんです。

これがすごく便利なんですよ。

表示だけでなく、作業の続きを別のデバイスでおこないたいときにも使えます。

ただ、この便利なhandoffは、たまに使えなくなることがあるんです。

今回は、そんなトラブル時にチェックするべき項目を紹介したいと思います。

Handoffが使えない時にチェックすべき項目

Handoffを使いたいデバイス全て下記の設定が必要です。

  • 同じ「Apple ID」で「iCloud」にログインしていること
  • 同じ「Apple ID」で「FaceTime」にログインしていること(Macはアプリで確認、iPhoneやiPadは、「設定」>>「FaceTime」で確認)
  • Bluetoothをオンにする
  • 同じWi-Fiに、つながっていること
  • Macの「システム環境設定」>>「一般」の「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」にチェックを入れる
  • iPhoneやiPadの「設定」>>「一般」の「Handoff」をオンにする

 

Macの「システム環境設定」>>「一般」の「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」にチェックを入れる iPhoneやiPadの「設定」>>「一般」の「Handoff」をオンにする

 

 

同じ「Apple ID」で「FaceTime」にログインしていること(Macはアプリで確認、iPhoneやiPadは、「設定」>>「FaceTime」で確認)

 

 

MacのSafariやgoogleChromeなど、どちらかのHandoffが使えない場合の対処法

Macの「システム環境設定」>>「一般」の「デフォルトのWebブラウザ」をHandoffを使いたいアプリを選択してください。

どうしてもHandoffが使えない場合は、全ての端末のiCloudからログアウトしてログインし直そう

必要な項目をすべて満たしている状態で、まだHandoffが使えない場合は、すべての端末のiCloudから一旦ログアウトして、ログインし直してください。

FaceTimeアプリのアイコン

また、同様に「FaceTime」からも一旦ログアウトして、ログインしなおしてください。

MacやiPhone、iPadなどの設定でiCloudにログインできないとき

MacやiPhone、iPadなどの設定でiCloudにログインできないときは、Appleのホームページからログインしてみてください。

Appleの公式サイト、Apple IDの管理

それでもHandoffが使えない場合は、Mac起動時のログインパスワードを変更しよう

ここまで試してもHandoffが使えない場合、Macを起動する時に入力するパスワードを一度変更してみましょう。

まず、「システム環境設定」>>「iCloud」でログアウト。

その後、「システム環境設定」>>「ユーザーとグループ」>>「パスワードを変更」して、Macを再起動。

最後に「iCloud」にログイン。

※Mac以外の端末間でつながらない場合は、無視してください。

できれば、すべてのデバイスを最新のOSにしておこう

Mac、iPhone、iPadの各OSを最新のものにしておく。

Macは、左上のリンゴマークから、「このMacについて」>>「ソフトウェア・アップデート」で確認できます。

iPhoneやiPadは、「設定」>>「一般」>>「ソフトウェア・アップデート」で確認できます。

MacのOSは最新のものにしておこう iPhoneやiPadのiosは最新のものにしておこう

まとめ|Apple製品はHandoff以外にもユニバーサルクリップボードが便利

Handoffの便利さに気づくと身の回りが全部Apple製品になってしまいます。

それくらい、素晴らしい機能です。

Apple製品同士だと、ユニバーサルクリップボードといって、MacでコピーしたものをiPhoneでペーストできるなどの機能も使えます。

iPhoneで長いURLを入力しないといけないときは、一度Macで開いてから、アクセスするなどいろいろな使い方がありますので、お試しください。