もっと、たのしmotto!
読者さんの生活がもっと楽しく、そして良くなるための情報満載の雑記ブログです!
マインドセット

【決断できない!】迷いは時間とエネルギーを浪費します。ささいな決断はルーティン化しよう

この記事を読むのに約 5 分かかります。

【決断できない!】迷いは時間とエネルギーを浪費します。ささいな決断はルーティン化しよう

日常のささいな決断に時間を使うべきではないですよ

日常のささいな決断に時間を使うべきではないですよ

ほとんどの人は、1日の大まかな流れが決まっているかと思います。

起床、食事、仕事・・・、だいたい同じような流れになっていますよね。

このような日々の中で、人は多くの小さな決断をしているんです。

例えば、「洋服は何を着るか」「ランチは何を食べるか」・・・

こうした日常生活での小さな決断が脳を疲労させ、ビジネスでの重要な決断に影響をおよぼすことがわかっています。

考えてみると、1日の中で多くの決断をしていることに気がつくでしょう。

小さな決断を迫られたとき、毎回悩んでいては疲れますして、無駄に時間を使うことにもなります。

だから、ボクはどちらでも良いような小さなことは、あらかじめ決めています。

例えば、ランチだと月曜日はソバ屋、火曜日は唐揚げ弁当・・・といった感じですね。

富裕層や成功者は重要な仕事の決断にエネルギーを使うため、小さな決断で悩まない工夫をしている

富裕層や成功者は重要な仕事の決断にエネルギーを使うため、小さな決断で悩まない工夫をしている有名な話ですが、Appleの共同創業者、スティーブ・ジョブズは、黒のタートルネックにジーンズというお決まりのスタイルで毎日を過ごしていたそうです。

また、フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグも同様に毎日同じ服を着ています。

彼らは経営上の重要な決断に毎日迫られています。

少しでも多くのエネルギーを重要な決断に使うために、小さな決断に悩むのは無駄だと考えているんです。

一般の人だと気にもしないようなことまで、徹底しているんです。

興味あること以外、事前に決めておくことで迷うことなく効率的です

富裕層や成功者が実践しているからといって、日常生活のすべての決断をあらかじめ決めてしまうのは楽しみがなくなってしまいます。

ですので、自分が興味のあることだけ考えるようにするのが良いでしょう。

例えば、ランチが楽しみな人は、1日の中でランチだけは時間をかけて選ぶなどするとストレスがたまることもないでしょう。

悩んだあげく、決断できない…決断を後回しにするのは最悪

悩んだあげく、決断できない…決断を後回しにするのは最悪メールの返信など、いずれは対応しないといけないものを、文面を悩んだあげく後回しにすると、頭の片隅にそのことが残って、無意識に気にしている状態が続いてしまいます。

場合によっては、すぐに返信しないと確認の電話がかかってくるかもしれません。。。

「今送ったメールは届いていますか」みたいな会話ほど無駄なものはありませんよね。

そのようなことを避けるためにも、重要な決断に迫られるようなものでなければ、あらかじめ決まった文言で、すぐに返信してしまいましょう。

例えば、「●●●●の書類を送付いたしました。ご確認をよろしくお願いいたします」というメールの返信であれば、「送付をありがとうございました。不明点などありましたらご連絡いたします」といった具合で、自分の中でテンプレートを作っておくとよいでしょう。

スムーズに決断ができるようになる、おすすめ本

直感・・・無意識のうちの決断には実は理由がある!
仕事がなかなか進まない、考えすぎてしまう人におすすめ!!


精神科医の知見で主に効率の良い時間の使い方について書かれています。
「決断」についてもふれられています。

 

まとめ|生産性の高くない決断はルーティン化し、重要な仕事の決断に集中しよう

生産性の高くない決断はルーティン化し、重要な仕事の決断に集中しよう

日々の小さな決断は、積み重なるとけっこうな時間を割いています。

生産性の高くない決断はあらかじめ決めて、ルーティン化しましょう。

重要な決断にエネルギーを使うことで、仕事のパフォーマンスを上げることができるなど、効率的にものごとを進めることができます。

ひいては、良い結果がでやすくなりますよ。