もっと、たのしmotto!
読者さんの生活がもっと楽しく、そして良くなるための情報満載の雑記ブログです!
ガジェット、アプリ

📲【電車やバスで便利】iPhoneやipadのsafariを自動スクロールさせて快適にサイト閲覧しよう!

この記事を読むのに約 3 分かかります。

【電車やバスで便利】iPhoneを自動スクロールさせて快適にサイト閲覧しよう!(片手がふさがっても大丈夫)

通勤時の満員電車や混雑したバスの車内で、iPhoneを使いネット閲覧しているとき、ページをスクロールし辛いことってありますよね。

iOS12のiPhoneやiPadのSafariなら一度設定すれば、簡単に自動スクロールしてくれる機能がありますので、紹介します。

ショートカットアプリを使うとSafariで表示したページを自動スクロールできます

iPhoneやiPadのSafariの自動スクロールにはショートカットアプリを使用します。

まず、ショートカットアプリがインストールしているか確認してください。

インストールしていない場合は、app store(無料)からダウンロードしましょう。

 

ショートカットアプリがインストールされたら、「Tilt Scroll」というアクションをダウンロードしてください。

ちなみに「Tilt」は傾けるという意味で、iPhoneを傾けることでスクロールさせるアクションになります。

ダウンロードしたら、下記のように表示されますので、「ショートカットを取得」します。

Safariで自動スクロールさせたいWebページを表示させてください。

下記の手順で、

「共有」をタップし「その他」を選択

アクティビティから、ショートカットをオンにして完了

もう一度、「共有ボタン」を押すと、「ショートカット」が表示されるのでタップし、「Tilt Scroll」を選択

下記のように表示されるので、「許可」を選択。

これで、ショートカットアプリの「Tilt Scroll」の設定は完了です。

自動スクロールさせたいWebページを表示させて、iPhoneやiPadを傾けてみましょう。

傾ける角度によって、スクロールする速度が早くなったり遅くなったりします。

iPhoneを傾けるとこんな感じで自動的にスクロールさせることができますよ

 

自動スクロールを中止したい時は、Safariを終了させれば大丈夫です。

片手がふさがっているときに重宝しますので、ぜひ活用してみてください。