もっと、たのしmotto!
読者さんの生活がもっと楽しく、そして良くなるための情報満載の雑記ブログです!
お得情報、おすすめ

メールに添付できない大きなファイルを送る方法

この記事を読むのに約 5 分かかります。

f:id:field_3:20180506205749j:plain

こんにちは、かわぽん(@kawa_pon_)です。

 

みなさんは友人や仕事の取引先とデータのやり取りをする際、メールやLINEにデータを添付しているかと思います。

 

3 MB以下のファイルだと特に問題ありませんが、高解像度の写真データを数十枚送りたいなどの場合、メールに添付して送ることができません。

 

今回はフリーランスデザイナーのボクが利用している大容量データの転送サービスを紹介します。

データが複数ある場合はzip等に圧縮してファイルをまとめよう!

複数のファイルをzipに圧縮してまとめることにより、送信者側はファイルの登録が1回で済み、また受信者側には1回の受信で全てのファイルを保存できるメリットがあります。

 

ただ、受信者側がパソコンではなく、スマホやタブレットの場合、zipファイルを解凍できないケースがありますので注意が必要です。

 

(iOSはwin zip、Androidは解凍ツール等のアプリ、スマホやタブレットでも解凍することができます)

 

1ギガバイト以上のファイルを無料で転送できるサービス

Giga File便(キガファイル便)

f:id:field_3:20180506005558p:plain

会員登録なしで1ファイル100ギガバイトまでのファイルを転送することができます。

 

通常は7日間ファイルを保存することできますが、設定を変更することにより最大21日間に延長することができます。

 

転送したいファイルを登録すると作成されるダウンロード用URLをメールやLINE等にコピペして、受信者側に知らせることでダウンロードする形になります。


Filemail(ファイルメール)

f:id:field_3:20180506005636p:plain

メールソフトのような画面で操作がわかりやすいのが特徴です。

 

このサービスは、iPhone ・ iPad ・Android用に専用アプリが用意されていて、アプリでのデータ送受信も可能です。

 

会員登録なしで1ファイル30 GBまでのファイルを転送することができます。

 

データの保管期間はは7日間です。


Delifile.link(デリファイル ドット リンク)

f:id:field_3:20180506005729p:plain

会員登録なしで1ファイル当たり100ギガバイト、合計で300 GBまでのファイルを転送することができます。

 

保管期間は2日間と他のサービスと比べて短めです。

 

また、GoogleやFacebookのアカウントを登録することで、ファイル送信の上限を1テラバイトまでに増やすこともできますので大変便利です。

デザイナーのボクは仕事でギガファイル便を愛用しています

会員登録の必要がなければ、当然ログインの必要もないので、気軽に使えるところがギガファイル便の魅力です。

 

送りたいデータをフォルダごとにドラック&ドロップすると1つのzipファイルにまとめてくれる機能も最高に便利ですよね。

 

取引先のクライアントやカメラマンとのやりとりでも、データにパスワードをかけることができるため、セキュリティー面でも安心できます。

 

ボクがやり取りするのは1ファイル辺り程度なのでギガファイル便で十分満足しています。

 

みなさんはどれぐらいの容量のデータをやりとりしてますでしょうか。

 

それによってサービスを選ぶのもありだと思います。